並行輸入のブランド品に掛かる関税とは何

高級ブランドは多くの人たちを魅了しています。しかしその価格は高額で、なかなか手が出しにくいため買うことのできる人は少ないです。しかし、この高級ブランドをできるだけ安く購入する方法があります。それはブランド品の並行輸入を利用することです。日本に並行輸入する場合、関税が掛かります。この関税とは、商品を国内に持ち込んだときに掛かる税金です。実は外国から輸入した商品は、国内で取り扱う商品よりも価格が安いので、その国の商品が売れなくなってしまうと国内の企業は大ダメージを受けてしまいます。よって、関税を掛けて国内で作った商品と、並行輸入した商品の値段の差をできるだけ小さくしているのです。この関税は、母国の産業を守るために作ったバリケードのような物なのです。並行輸入のブランド品は関税を適用しても、国内の物より安いので購入者はたくさんいますが、並行輸入の欠点としてメーカーの保障が適用されない、商品の返品ができないということがあります。