並行輸入品のブランドってほんとにいいの?

ブランドの並行輸入品という言葉をよく聞くと思います。一体正規品とどのように異なるのでしょうか?正規品は日本の正規代理店を通じて輸入されたもので、並行輸入品とは海外の正規店やバイヤーから直接買い付けているものです。直接買い付けなのでその時々の為替によって値段は変動します。メリットはまずかなり安くなること。それから日本未入荷の商品が手に入れることができることです。デメリットとしてはブランド正規店ではついている紙袋がついていないこと、またブランド正規店によるアフターサービスが受けられないことが挙げられます。そして場合によっては偽物を交わされてしまうこともあります。ただ基本的に店舗を構えて営業しているような場所はほぼ本物と考えてもいいでしょう。偽物を販売するのは犯罪ですので、わかったらすぐに営業できなくなってしいます。信頼のできるお店を選び、上手に並行輸入品を活用してみるのも消費者として賢い選択かもしれませんね。